個室から利用するテレクラ

現在では、ツーショットダイヤルの利用は自宅から気軽に使えるものになってきています。かつてはテレクラといえば、店舗に自分で行ってその個室で電話を待つ、という使い方が主なものでした。今は非店舗型のテレクラも増えてきているとはいえ、店舗型で個室を使えるテレクラもまだ存続しています。

女性から電話がかかってくるまでの間、男性のお客さんは個室の中で待機して電話がかかってくるのを待つ、というのがかつて主流だったテレクラの使い方でした。個室なのでそこには自分しかいませんから、少し寂しいと思うかもしれませんが、どんな人から電話がかかってくるのかと思うと期待も高まるでしょう。これから会話できる女性の姿を想像したりと、あれこれと妄想を膨らますことができる時間でもあります。

周りに人がいないからこそ、その一人で待っている時間であれこれと期待を高めることができるのですね。今であれば、その個室でスマホを使って時間をつぶすということも十分可能ですね。昔のテレクラの時代には今のように誰でもスマホを持っている時代ではありませんから、そういった使い方はできなかったようです。そうして待った末に来た電話で、聞いた女性の声から相手が自分の期待通りの人であるかどうかを確かめることができます。

こういった使い方は、今の出会い系サイトではあまり感じられないものではないでしょうか。テレクラを現在も親しんで使っている人にとっては、こういった瞬間がたまらなく好きという人もいるのでしょう。また文字ベースの出会い系サイトよりも、声を使ってのやり取りのほうが相手と親密になれる、というところはあるかもしれません。

Copyright(c) 2010 知っておきたい!テレクラをもっと楽しむ方法 All Rights Reserved.